【米ソ冷戦】セシウム添加燃料「プラズマステルス」が可能だった偵察機「A-12」CIAが燃料嫌がる 今の巡航ミサイル無人機に使用可

1 :チンしたモヤシ ★:2019/09/17(火) 14:19:57.17 ID:CBEA5mB09.net
セシウム入り燃料による「プラズマステルス」が可能だった偵察機「A-12」
GIGAZIN 2019年09月17日 08時00分乗り物
https://gigazine.net/news/20190917-plasma-stealth-by-cesium-fuel/


ロッキード社が開発し、アメリカ空軍で1960年代から1990年代に運用されていた超音速・高高度戦略偵察機「SR-71」は、その独特の機体形状と「ブラックバード」という愛称がよく知られていた機体です。そんなSR-71の前身といえる偵察機「A-12」には、「セシウム入り燃料を燃やして発生したプラズマでステルス化する」というプロジェクトが存在しました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/A-12_(%E5%81%B5%E5%AF%9F%E6%A9%9F)

The SR-71 Blackbird’s Predecessor Created “Plasma Stealth” By Burning Cesium-Laced Fuel – The Drive
https://www.thedrive.com/the-war-zone/29787/the-sr-71-blackbirds-predecessor-created-plasma-stealth-by-burning-cesium-laced-fuel

1950年代から60年ごろというのは、数々の検証から「レーダーによる発見は避けることはできない」と考えられていた時代でした。そのさなかの1959年、CIAはロッキードと手を組んでA-12を開発します。A-12は偵察機という役割を果たすために、高速かつ高高度を飛行が可能でありながら、レーダーにキャッチされないようにするための、全体的な形状・レーダー回避機構・電波吸収体塗料などの当時の最新技術が組み込まれた機体でした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E5%90%B8%E5%8F%8E%E4%BD%93

By The National Security Archive

https://nsarchive2.gwu.edu/NSAEBB/NSAEBB434/

しかし、そんな数々の最新技術を兼ね備えていたA-12でも、マッハ3をはるかに上回るトップスピードで飛行する際に、その巨大なアフターバーナーや、排気がどうしてもレーダーにキャッチされてしまうという問題を抱えていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC


https://commons.wikimedia.org/wiki/File:J58_AfterburnerT.jpeg

この問題の解決策が「プラズマステルス」です。プラズマステルスは、イオン化ガス(プラズマ)がレーダー波などの電波を吸収するという原理を利用したもの。ロッキードはプラズマステルスをA-12に実装するため、イオン化ガスを発生させるA-50という「セシウム添加剤」を燃料に混ぜて、アフターバーナーや排気にステルス効果を与えるという手段を編み出しました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Plasma_stealth
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E

A-50セシウム添加剤を加えたジェット燃料はその有用性が報告されていましたが、このA-50セシウム添加剤の人やエンジンに対する影響に関する疑問がCIA側から生じます。このニュースを報じているThe Driveによると、基本的な運用にはA-50セシウム添加剤は使用されませんでしたが、特定の任務のために許可された場合にはA-50セシウム添加剤が使用された可能性があるそうです。しかし、実際にA-50セシウム添加剤が使用されたかどうかは機密情報のため「明確にはわからない」とのこと。

機体後方から来るレーダー波を回避することは、ステルス化において困難な障害の一つであるため、今日でもプラズマステルスは後方側のステルス性能を高める有用な手法の1つ。A-12ではパイロットやエンジンなどへの影響が問題になったわけですが、巡航ミサイルなどの無人かつ使い捨ての兵器であるならば、プラズマステルスはデメリットを考えなくて済むということになります。

関連
【サウジアラビア】ドローン攻撃により王国の石油生産能力の約半分世界の1日の石油供給量の5%が破壊 ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568527414/
ステルス戦闘機F-35が抱える11の問題点 – GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190614-f-35-hidden-trouble
15年以上の開発を経て実戦配備が決定した最新鋭ステルス戦闘機「F-35」、その苦難の歴史まとめ – GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20160805-f-35a-ready

8 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:24:52.73 ID:RteEzXRK0.net

勘違いする馬鹿が多そうだが

セシウム137やセシウム134ではない非放射性同位体だぞ

13 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:42:29.95 ID:c99eld5Q0.net

セシーゥムー
イノーセモーモーナムゥ

21 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:59:32.63 ID:OpR73ew/0.net

>>2
セシウムさん

17 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:27:44.49 ID:d02fY4Jz0.net

セシウム=放射性物質
放射脳にとっては、この図式なんだろうなw

7 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:24:39.88 ID:ulioIk+N0.net

リチウム水素電池と似たようなもんだろ?
使ってるのが放射性でないセシウムなら問題ないし。

27 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 18:46:39.82 ID:G5nPbGSJ0.net

F117は木製 w これ絶対機密なのでココだけの話なw

12 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:38:03.26 ID:6pcZk3TT0.net

航空機がより速くより高くを目指していた時代だな

18 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:30:39.08 ID:Sp/6Mgvz0.net

タキガワクリスタル

18 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:30:39.08 ID:Sp/6Mgvz0.net

タキガワクリスタル

4 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:23:30.44 ID:AKmy28+w0.net

プラズマリーダー

24 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 16:47:57.32 ID:8yyCk+5l0.net

>>19
逆じゃなかったかな
あらかじめ飛行中の熱膨張を見込んで設計してあるので、高温ではない駐機中とか燃料が漏れたりするけど、
燃料自体が引火点の高い特殊なものなのでさほど問題にはならないとか、むしろエンジン始動時には別に
点火剤まで必要だとかいう話だったような

14 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:44:43.90 ID:EHX1HYBo0.net

空飛ぶ円盤。

うちの兄貴がこれの光をufoと間違えてる。

10 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:31:16.54 ID:IaL/bHq30.net

>>8
知った上で騒ぐ連呼馬鹿やまとめ民のゴミ屑どもがスレに湧くがな。

6 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:24:20.03 ID:nxgsRNgT0.net

ブラックバードだと
だが日本にはダークコンドルがっ

5 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:24:01.64 ID:4acpoxNx0.net

ファイヤーフォックス

11 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:32:53.96 ID:r+YzEXJD0.net

これ面白い飛行機だよな
後継機のSR71は何十年も前に公式に公開されてたけど、その先祖のA12があったって事は機密で存在が知られたのは最近

29 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 22:24:51.22 ID:c56zmekt0.net

>>24
高速の摩擦熱で膨張してる時はいいけど降りてきて縮むと油が漏れるのでバケツ置いてた
高速飛行中の熱を冷やすために外板のすぐ裏に燃料を回して冷やしてた
燃料はマッチで火をつけても引火しないくらい引火点が高い
エンジンに送り込む前に点火剤混ぜて燃料にして燃やしてた
速度が上がるとエンジンはターボジェットからラムジェットに変わる
この状態での推力の9割がラム圧だったという

2 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:21:17.05 ID:cmc/UwkD0.net

あやしい燃料…

31 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 22:54:33.29 ID:DKVd3U3v0.net

そんなにでかいアフターバーナーとか排気なら、電波を反射しなくても排熱であっさりバレるのでは?

20 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:53:16.33 ID:FyPhtus10.net

>>19
なんだ、池沼かよ

9 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:28:44.43 ID:ftDeEGAZ0.net

ようするに核兵器でおk?

16 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:17:05.01 ID:gAYj9UBN0.net

コールオブデューティで見たことある奴

25 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 17:04:13.45 ID:0D01CI2h0.net

あやしい偵察機

30 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 22:31:23.89 ID:Ocmbc4dD0.net

それ何かで読んだことあるな。
飛行中にトイレタイムがあるとか。
パイロットはチンポコをゴムチューブに突っ込んだ情けない状態で搭乗とか。

26 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 18:39:50.86 ID:clYGNPWT0.net

>>23
今でこそ当たり前に使われているチタン合金の加工技術が未熟だったしね。

15 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 15:07:38.43 ID:WcENpciM0.net

プラズマだと余計に電波反射するんじゃないか?

22 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 16:28:21.08 ID:bDwnCnFA0.net

素敵な燃料 施死有無さん D-21&M-21も忘れてもらっては困る

★サウジアラビア ドローン攻撃発生
 世界の軍用ドローンを見る
http://yamatotakeru999.jp/drn2.html

★青森 三沢航空祭 千葉エアレース 航空機尽くし
http://yamatotakeru999.jp/sawa1.html

28 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 21:55:26.27 ID:enn+SfGJ0.net

んで結局セシウム添加剤は人やエンジンに有害だったのか?
別に放射性セシウムって訳ではないんだろ?

3 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 14:22:22.52 ID:HKBqymaY0.net

ただちに影響はないだろ

23 :名無しさん@1周年:2019/09/17(火) 16:40:28.53 ID:h4OGa9Uc0.net

>>19
アイデアに技術や素材が追いついてなかったてことか

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑